国土を守る。地域を守る。
TOP <新着情報

当社社員が学位論文審査会の「優秀論文賞」を受賞

2022/4/14

 東洋大学大学院経済学研究科公民連携専攻(PPPスクール)が主催する学位論文審査会において、当社社員が「優秀論文賞」を受賞しました。
 東洋大学大学院経済学研究科公民連携専攻(PPPスクール)の学位論文審査会とは、国連のPPP専門機関(※)であり、地方政府を対象とする世界で唯一のPPPセンターとなっている当該機関大学院修了生の学位論文うち、独創性、論理性、発展性、実社会への汎用性が特に優れた論文に対し贈られる賞です。

論文名:社会的インパクトの最大化を促すPPP審査指標設定手法の研究
~拠点開発PPP等における審査指標の傾向と、社会的価値創出に対する影響、及び社会的インパクトの最大化を促す審査指標の設定方法に関する考察~
著者:山本英治
本稿は、PPPプロジェクトにおいて求められる社会的インパクトを最大化するための審査指標の在り方について、特に拠点開発事業を対象に考察したものであり、社会的インパクトの最大化を促すPPP審査指標設定手法の開発を目的としている。
特に、社会的価値評価を科学的な根拠をもって示した点に独創性があり、具体事例における審査基準と提案内容の関係性分析における論理的一貫性、SDGs等社会的価値計測手法のPPP事業への応用など、PPP事業の社会的インパクトの向上に寄与する論文である。

 (※:国連PPP推進局が世界各国で展開しているPPP拠点づくり活動の一拠点である「国連CoE地方政府PPPセンター(Specialist Centre of Excellence on PPPs in Local Governments)」として認定されている。)


■東洋大学HP「東洋大学PPP研究センター紀要 第14号」
https://www.toyo.ac.jp/research/labo-center/pppc/society/rc-bulletin/rc-bulletin14/